本日の気温マイナス2℃。

北風がビュンビュン吹いていたので体感温度はさらに低かったこの日。こんな日でもスキーパンツを履いてしっかり防寒すれば、動物園も十分楽しめるカナダ。こえだのとうさんと一緒に、ウィニペグにあるアシニボイン動物園Assiniboine Zooへ、冬の動物たちを観察に行きました!

 

img_20161203_123251264_hdr
動物園の入り口、右手でチケットを購入、左手はギフト・ショップ

 

入口を抜け、あまりの寒さのため、とにかく急ぎ足で、お目当ての動物を目指します。

いました、いました!雪景色の中に溶け込み、フワフワな羽毛に包まれたシロフクロウさんたち。目を細めた表情はまるでニッコリ微笑んでいるよう♡オスは、純白の羽毛に覆われ、メスは巣に溶け込むよう、茶色い斑点模様があります。

 

dsc_0214
愛嬌のあるSnowy Owl シロフクロウ

 

お次は、ホッキョクギツネ。とても忙しそうに落ち着きなくあちこち動き回っていました。冬支度で、灰色の毛皮が白に変わるのが特徴です。

 

 

dsc_0221
忙しそうに歩き回るArctic Fox ホッキョクギツネ

 

そして今日の最大の目玉、ホッキョクグマ!

水の中を自由にダイナミックに楽しそうに泳ぎ回る姿を見せてくれました。

 

img_20161203_111126216

img_20161203_111351364

園内では、水中で泳ぎ回るクマさんのほかにも、園内各所でクマさんの様子を見ることができるビューイング・スポットがあります。こちらは、柵の穴が完全に塞がってはいないので、クマさんの鼻息さえも感じられるほど。こんな接近できることは滅多にないので、またとないシャッターチャンスにしばし寒さも忘れました。img_20161203_112352995

鼻を柵にスリスリさせて、挨拶をしてくれているかのよう♡

dsc_0247

ホッキョクグマに別れを告げ、歩くこと数分。園内の奥にツンドラ・グリルというレストランに到着。こちらではお食事をしながら、一面ガラス張りの窓から、クマさんたちが伸び伸びと遊んだり、お昼寝している姿を楽しむことができます。

img_20161203_113046537

今日は、洞穴でお昼寝中のクマさん。

dsc_0270

冬になると、あったか、オニオングラタンスープが登場します!さすが、フレンチの影響を受けたカナダですね。リンゴはキャラメルソースと一緒にいただきます。子どもたちが大好きなメニューです。寒さのため、普段は食べないプティーン(poutine)というフライドポテトにグレイビーソースとチーズがかかった高カロリーなものにもトライ。こちらはカナダの人が大好きなメニューです。

img_20161113_125408521_hdr

ツンドラ・グリル内のショップでは、ホッキョクグマを中心に、Tシャツや小物も販売しています。

img_20161203_114204503

腹ごしらえのあとは、帰路に向かいます。

ユキヒョウが堂々とこちらを睨みつける姿が何とも神々しく、カッコイイ✨

 

dsc_0276
Snow Leopard

 

お次はアムールタイガー!寒さなんてなんのそのという堂々たる威厳に、またもやシャッターをきりまくります。なかなか良い写真が撮れたかなと一人満足。

img_20161203_121656654_hdr

dsc_0292

こちらでは、毎月、動物の生態について教えてくれるイベントもあります。年間を通して、もりだくさんの企画が用意され、いつ来ても来園者を飽きさせない工夫の凝らされた動物園。カナダにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さ~い。