20161211

今日は、ぼうし三部作で有名なジョン・クラッセンさんのブックイベントへ

場所は、カナダ・ウィニペグのマクナリー・ロビンソンブックセラーズ

 

img_20161211_1642261
イベント広告

 

 

私もだ~いすきな長谷川義史さんの大阪弁の翻訳絵本

『どこいったん』、『ちがうねん』、『みつけてん』の

ぼうし三部作で有名なジョン・クラッセンさん。

『どこいったん』を初めて本屋さんで読んだとき

ストーリーの結末にあ然とし、衝撃を受けたことから

ずっと印象に残っていた作家さんです。

img_20161211_140758785_hdr1

店内は、100人を超える参加者でいっぱい。

立ち見の人や床に座っている方も大勢おりました。

1時間のイベントでは、ぼうし3部作だけでなく

まだ発売されていない絵本、

『みつけてん』の別バージョンの読み聞かせが行われ、

即興イラストを描きながら、描く目の位置などで

登場人物の感情を表現できることを教えてもらったりと

大盛況のイベントとなりました。

img_20161211_140809320_hdr1

img_20161211_1825101

絵本会のあとは、お楽しみのサイン会です。

サインをもらうために、長蛇の列に並んでいると

店内に突然警報が響きわたり、全員極寒の外へと

一時避難。

 

img_20161211_145424333_hdr1
サインを待つ参加者たち

 

このまま、サインが貰えなかったら…と一瞬動揺しましたが

ここはジョンさんとお話しする絶好のチャンスと思い

話しかけてみました。

「日本語訳は、大阪弁の絶妙な翻訳で

ストーリーがより引き立ち、とても面白いです」

と伝えると、大変喜んでおられました。

とても温和で気さくなお人柄に触れ、

色々なお話ができ、率直に嬉しかった~!です。

また、『こえだのとうさん』の原書も知っていて下さり

大興奮。イラスト作家のアクセル・シェフラーさんの絵も

素晴らしいと絶賛されていました‼

 

img_20161211_153418747_hdr1
体感温度マイナス27℃の書店前にて

 

 

サイン会では、参加者一人ひとりのために

ささっとイラストを描きながら、

笑顔で対応されている姿が印象的でした。

 

img_20161211_1526509151
フレンドリーなジョンさん

 

 

img_20161211_2044586581
ジョンさんのイラスト&サイン!

 

 

 

img_20161211_1553057431
ジョンさんのファンになった『こえだのとうさん』訳者

 

 

ウィニペグ出身のジョンさん、ご家族に会うため、

今日のブックイベントのため、カリフォルニアから

やって来たそうです。幸せなひと時をありがとうございました!