こえだのとうさんの世界を楽しめるパーク

スティックマン・アドベンチャー・プレイ・トレイル

ロンドンの北東、エセックス州(County of Essex )に、スティックマン・アドベンチャー・プレイ・トレイルが建設され、2015年10月にオープンを迎えました。映画制作会社のマジック・ライト・ピクチャーズが、地元のエセックス州議会とともに、総工費37万ポンド(約6,900万円)をかけて、美しい豊かな自然の残る歴史的にも名高いウィールド・カントリーパークに遊具やトレイルを設置しました。この建設の背景には、2011年にソーンドン・カントリー・パークにおいてグラファロ・アドベンチャー・トレイル(”グラファロ”は世界的に有名なこえだのとうさんの著者による大ベストセラー絵本です)が建設され、1万人以上の来園者があるなど、予想以上の大成功を収めたことにあります。

スティックマン・アドベンチャー・トレイルの全長は、2キロにわたり、クライミング遊具、滑り台、ブランコ、スティックマンのファミリーツリー、巨大な白鳥の巣ネット、巨大ロープハンモックなど、大人も子どもも体を思い切り動かせるような遊具を多く設置しています。

ウィールド・カントリーパークは、地元の住民の憩いの場としても非常に人気の高い公園ですが、新しいトレイルが建設されたことで、今までは来園したことなかった人々が多く来園することになると期待されています。

3   4

5   1

2

ウィールド・カントリーパークの様子

6      7

(写真)ウィールド・カントリーパーク内のカフェには、カフェの家具にシェフラーさんの絵があしらわれ、絵本の世界をそのまま味わうことができる。

12063794_418950781632561_8973301538503282345_n     12191770_418950841632555_8841232683768691043_n

(写真)ウィールド・カントリーパーク内の売店