英国林業委員会

スティックマン 木育応援キャラクターとして活躍

Stick Manの人気を受け、日本の林野庁に相当する英国の林業委員会(Forestry Commission )が、2013年10月、昔のように外で遊ぶことがなくなった子どもたちに、

もっと自然の中で遊んでもらいたい、

木や森の重要性を知ってもらいたいとの願いから、

子どもたちの間で人気のスティックマンを全国キャンペーンとして起用しました。

こうした絵本のキャラクターを起用するのは初めての試みでした。

林業委員会は、子どもたちが、20年前などに比べ、戸外で遊ぶことが減少し、創造性が早い年齢から失われていることを危惧し、2,000人の子どもを持つ親からの調査に基づき、こうしたイベントを始めることとなりました。

イギリス各地の13の森林でスティックマン・トレイルが設置され、以来、毎年大盛況を収めています。

今後も、英国国内の20か所以上の森林で、スティックマン・トレイルが続々登場する予定となっています。

このプログラムの中では、森の中で散策を楽しみながら、以下のようなアクティビティができるようになっています。

  • ほら穴作り
  • 美しい木の芽を見つける
  • 小枝を使ったタワー作り
  • スティックマン作り
  • 木から作られている日用品を考える
  • 森の絵を描く
  • 小枝の色々な使い方を考える
  • 森林での体験をストーリーにするStickmanbannerActivityPack
(写真)アクティビティパックhttp://www.forestry.gov.uk/stickman
stickman02                                       Go Ape - 2nd November 2013 047
9f04271d315fc40bebfb543df74b7e95

 

 

 

(写真)林業委員会主催のスティックマン・トレイルの様子

英国森林委員会のオフィシャルホームページ(英語)

イギリス各地のスティックマントレイル情報が掲載されています。

http://www.forestry.gov.uk/stickman

%d bloggers like this: